« 2005年11月 | トップページ | 2006年2月 »

2005年12月25日 (日)

フィギアスケートについて・・

少しの間、ご無沙汰をしてしまった。今は、自宅からこれを書いている。

ここのところ、スポーツ界でのオリンピック内定選手決定などのニュースが、メディアをにぎあわせている。

特に、フィギアスケートでの代表への戦いは、みごたえがあった。フィギアスケートは、華麗で、繊細、かつ大胆なパフォーマンスが要求される。みるものを、それは、それは惹きつけるのだ。

私は、フィギアの大会をライブでみていた時、安藤美姫選手の調子があまり上がらない理由を考えていたのだが、当然ながら分からなかった。もちろん今も分からない。

最近フィギアでは、日本人のほとんどが知ってるように、ニューヒロインが生まれた。このことも関係しているのではないかと考えた時、私は、またしてもメディアの事が頭に上った。

試合後の安藤選手の表情は、ゲッソリして見えたが、多くのスポーツ選手の試合前後は、同じような表情をしている。その顔を見ていると、毎日苦しさに耐えている映像が頭をよぎる。

テレビなどで、安藤選手の技術的な不安を報道する時、スポーツでは成功と失敗は常に隣り合わせなはずなのに、不思議なのは、失敗した安藤選手をほら見たことか、のような扱いにするのはなぜなのだろうか?

つい先日までは、安藤選手がフィギアのニューヒロインだったはずなのに、一度負けだすと、失敗のシーンを何度も放送し、新聞では犯罪者のように扱う。

17歳という若い選手が、視聴率や、購買部数アップのために、あのような報道をされ、その後に続く事になる競技生活がどうなってしまうかを、考えようとはしないのだろうか。

きっと、俺にはまったく関係い、数字アップがすべて的な編集長がいるのだろうと思ってしまう。

この報道のされ方は、ほとんどすべての競技に対して行われていて、日々、スポーツ選手の中にヒーローが生まれ、また、蹴落とされるがの如く、今までのヒーローを侮辱する。

そして、その構図は、常に日本国内にあるような気がしている。

スポーツに限らず、新しいものが古いものを押しのけていく。革新が、旧態を壊していく。すべてが新陳代謝だが、古いもの、今まで日本を支えてきたものに、敬意を払う事は、とても必要な事だと私は考えている。

もちろん、後には戻れないので、新しいモノを採用していくわけだが。

技術もモノもスポーツ選手も、そして、自分もいつか古くなることを覚悟しなくてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年12月 4日 (日)

キムチの国からアニョハセオ

韓国にきてからもう10日になる。位置的には日本の北海道と同じような感じだが、この国はとても風景が寒々しい。それは現在の気候もあると思うが、ハッキリとした理由はわからない。

韓国の子供たちと接する機会が多いのだが、この国の子供達は底抜けに明るい。外国人の我々がいてもまったく臆するところがないようだ。

まとまりがあり規律もある。しかし、昔の日本の子供達にもあった子供らしさがあるように感じられる。この、子供らしさという表現はとても曖昧だが、日本の子供達と比べると何かが違う。

日本の子供で底抜けに明るい子は少ない気がするが、韓国の子供達は本当に明るい性格の子供ばかりで、フィジカルの疲れをまったく知らない。そして、興味があるものには目を輝かせながらほぼ完璧な英語で質問をしてくる。英語で答えるのが恥ずかしいぐらいに・・・

私は、日本の子供がだめだと嘆いているわけではない。国が違えば子供も違う。それに、明るい子は日本にもいる。

多くのことに興味を持つことは、人間が成長する中で必要なことだ。興味のないことに頭は働かないし、活力もでない。韓国と日本の子供達の大きな違いに、一つ一つに対して興味を持つ度合いが違うのかもしれない。

当然だが、ほとんど全て、日本にある物は韓国にだってある。物があふれるてるこの時代に、何かに興味を持つこと自体が減っているのは確かだ。

しかし、突然興味を持っても、相手が外国人だったりすると、聞くことも出来ない。日本の学校で教わる英語は、課目であり、寡黙だ。(つまり、教わってはいるが、技術としては程遠く、実践で使うには自信が必要だが、そのことは教えてくれない)

韓国の子供達を見て強く感じることは、自信の持てる技術を持たせなければならないということだ・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年2月 »