« 2005年12月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月26日 (日)

トリノオリンピックが終わった・・

先ほど、トリノオリンピックアルペンスキー男子回転が終わった。私は、自宅のテレビにかじりつきながら、彼らの滑りを見ていた。

それは、イタリアセストリーエールの雪をも溶かすような熱い瞬間だった。

アルペンスキーで日本人がオリンピックのメダルを取る。これは、半世紀にもわたる長年の夢だ。彼らは、本気でそれをやろうとしていた。

スタートした瞬間から、すべてが一瞬ですぎていく。すべてが過去になっていく。絶対に取り返しがつかない。

スタートバーを切ると、体が勝手に反応する。失敗しているすべりも、体が勝手に反応しているから修正することができない。多くの選手が失敗したが、皆そんな感じだった。

リスクをもって滑った佐々木選手、皆川選手、湯浅選手。彼らの、パフォーマンスから学んだ事は多い。勇気あるすべりも、もちろんその一つだ。

皆川選手は、惜しくも4位だったが(本人が本当に悔しがっていたから『惜しくも』なのだが)アルペンスキー発祥の地はヨーロッパだ。その地で、しかも、オリンピックで日本人が勝ち上がる。これほど興奮する事はない。

欲しかったであろうメダル。私は、あの勇気ある滑りをみれただけで満足だが、皆川選手はきっと、届かなかった100分の何秒に人生の多くを費やすのかもしれない・・

メダルの数を一日ごとに書いている新聞やメディアは本当に意味がないと思う。選手たちは、世界で勝つ難しさを知っている。メダルの数だけでは、計れないものがあると言う事を忘れてはならない。

私は、彼らの今日の滑りを忘れることができない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月10日 (金)

トリノオりンピック!

いよいよ、今日未明、イタリアのトリノで、世界最大のイベント冬季オリンピックが開催される。私は、選手達のパフォーマンをとても楽しみにしているが、このトリノオリンピックほど日本人が活躍しそうなオリンピックはないのではないだろうか。

特に、私が注目しているのはスケート、そしてやはりアルペンスキーだろう。スケートは、フィギアも楽しみだが、なにより、加藤ジョージ選手と清水選手の、新旧交代劇があるのか、またまた、若いものには道を譲らないぞ!というような、清水選手の意地が見られるのか楽しみでならない。

また、アルペンスキーでは過去に例のない、日本人として初の金メダルが皆川選手そして、佐々木選手のどちらかが獲得できるのかこの目で確かめたい。(もちろん二人でメダルを獲得・・という可能性も大いにあり得る)

夏に行われた色々な競技の世界選手権で、過剰報道が目に付いたが、今回のトリノオリンピックではあまり気にならない気がする。

同じように過剰報道なのに、私が気づかないだけなのか、それとも、本当に過剰報道ではないのか私には分からないが、実力のある日本人選手がそろったオリンピックの前では、過剰な報道をしなくても、盛り上がるのだと思う。

できるだけいろいろな競技を見たいのだが、睡眠不足になりそうです。体調を崩さないように、オリンピックを楽しみたい・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年3月 »