« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月23日 (金)

ワールドカップ日本代表対ブラジル戦!

日本のサッカーワールドカップドイツ大会がこれで終わった。ジーコ監督の集大成といわれた日本の3試合は、改めて世界との差を浮き彫りにした。

世界との差・・・

日本のすべてのスポーツ現場で、この差が埋められていない。あたりまえだが、日本人がその差を埋めるべく努力している時も、他の国の選手達は、さらなる努力をしているということだろう。

先日の記事にも書いたが、世界に認められているサッカー選手が非常に少ないこの日本の現状で、なぜ、日本国民は、こんなに過剰な期待をするのだろうか。

フットボールというスポーツは、何が起こるかわからない。

それは知っている。しかし、島国日本の枠内で語られる事が、世界で本当に通用するのか、常に疑いを持つべきではないのか?

日本代表でただ一人、その危機感を持っていたのはやはり中田英寿だったのだ。

ブラジルとの試合後、ピッチに倒れこんでいる彼に声をかけたのは、くしくも、と言うより、やはり、戦友ロベルト・カルロス(アドリアーノの間違いです)だった。

中田は何を思ったのか。そんなことは、聞かなくてもわかる。ただただ悔しいはずだ。今日勝つために、リーグと代表とを掛け持ちしてきたのだから。プロ選手にとって、負ける事は否定だ。自分を否定されているのだ。

中田と親交の深い作家、村上龍氏のコメントが、ワールドカップ前の記事にのったことがあった。『最後かもしれないから、思い切ってやってくるよ』中田がめずらしくそんなことをいった。そうかいてあった。

集大成。このドイツワールドカップにおいて、中田はその言葉の意味を体現することがすべてだったのかもしれない。

しかし、フットボールは、一人でやるものではない。最終的には、強い気持ちを持つことを前提に、11人全員が高い技術を持つチームが、生き残るのではないだろうか。

チェコを知っていると思うが、ネドベドを有してさえも、フットボールにおいて、一人の力だけでは生き残れないのだ。

試合後、サッカー協会の川渕氏が、『個の強化しかない』そんなようなことを言っていた。4年前、赤鬼トルシエが去るまえに言っていた事だ。しかし、川渕氏がそんな事を言っても出来ることなどない。

個を強化するには、それ以上に強い個が必要だ。そして、個の連携だ。しかし、それには、リスペクトというリエゾンが必要なのだ。

現在の日本代表内で、中田はリスペクトされていたのだろうか。村上氏はこんなことも言っていた。『日本代表の結果は、中田の思考の浸透度にかかっている』と・・・

いちばん危機感を持っている人間の思考を、リスペクトできないサッカー日本代表は、日本を象徴している。

ドイツワールドカップの事は、これで最後にするが、試合終了後、インタビュアーの質の低さは、驚きを隠せなかった。

まずもって質問の意図が分からない。敗戦後にいえることは、悔しいという言葉しかない。ブラジル戦を終えてどうですか?この質問は、私は愚かなインタビュアーですと宣言しているようなものだ。

中田へのインタビューの最後で、あのインタビュアーは、次の試合もがんばって下さいと言った。喧嘩を売ったのだろうか・・・

私には分からない・・・

にほんブログ村 スポーツブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年6月20日 (火)

ワールドカップ。各国のメディアも・・・

先日のクロアチア戦。0-0の結果について、各国のメディアでは散々日本の代表選手の悪口を書いているようだ(これは、前評判の裏返しとも取れる。日本は、前評判はとても高かった)

しかし、結果についての責任は当然ながら、ジーコ監督にある。それがプロサッカーという世界での常識だ。

日本代表を選ぶのも、その中から、実際にピッチで戦う選手を決める決定権も、監督にあるのだから。

各メディアであったように、対クロアチア戦で中田の動きは確かに悪かったと思うし、パスの精度も欠いていた。

しかしそれは、当日、調子のあまり出ない選手を使い続けなければならない、日本代表の選手層の薄さが、日本のサッカーを象徴しているのだ(あの長い期間、体調や、疲れを残さずに毎日プレーする事は、実際不可能で、各国の主要選手も、途中交代が普通だ)

ブラジルは、オーストラリア戦での後半最後の方で、FWを変えた。ロナウドから、ロビーニョ。そして、アドリアーノから確か名前はフレッドという選手だ。

しかし、プレーレベルが落ちるはずの控え選手が、代わってすぐに結果をだす。選手層が段違いで厚い。これが、世界の強豪と言われるチームなのだ。

日本は選手が変わっても、運動量が上がるだけ。結局、数名は世界的な選手がいても、レギュラー全員世界レベルじゃないとワールドカップでは勝ちあがれない。

日本代表は、各国のリーグで、チャンピオンシップ(リーグの優勝争い)を戦ったのは、中村と、中田だけだ。そのほかの選手はほぼ控えで、セリエAでの柳沢に限っては、ほとんど出場機会が与えられていない。

つまり、各国のメディアも、日本のメディアも、騒ぎすぎで、特に日本のメディアは、日本の真の実力とともに、世界を知らないんだと思う。

こんな事を書いたらサッカーファンに怒られそうだが、真のサッカーファンなら、うなずけるはずだ。

スポーツ界でよく見られることだが、過剰な期待は、反動となって、悪い方向に帰ってくる。もっと、冷静にならなくてはいけない。

しかし、選手自身はそうはいかないと思う。本気で、世界で勝とうとしているのだから。そのために、子供の頃からトレーニングをしてきているのだ。

実際、クロアチアは、ヨーロッパで勝ち上がってきた強豪だ。過去ワールドカップで、上位にも入っている。なぜそのチームと、0-0の結果で単純に評価しないのだろうか。

世界のリーグで、レギュラーにもなれない選手たちばかりの日本代表が、世界のリーグで、レギュラーを張っている選手ばかりのオーストラリアに負けて、本当の実力が見えたはずだ。

ロナウジーニョ有するブラジルと戦い、日本は本当に良い戦いが出来るのだろうか。

日本は、勝てるというムードだが、もっと冷静になるべきだ。

何度も言うが選手は、熱くなって欲しい。勝つ気でいくべきだ。サッカーのゴールは奇跡の積み重ねだから、もしかしたら、日本に奇跡が起こるかも知れない。

しかし、周りは、冷静になる必要がある。正当な評価をし、今後何が必要かを見極めるために。

ワールドカップはこれで終りではない。ドイツが終われば、次の戦いがまた始まるのだから・・・

にほんブログ村 スポーツブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

明日は・・

各グループの予選はすでに2試合目に入り、強豪国が前評判通り順当に勝っている。

アルゼンチンのいるグループは、死の組、と言われていてた。しかし、セルビアMを、神がかり的なサッカーで打ち負かしたあの選手たちは、我々のためのグループだった、と考えているかもしれない。

いつも思うが、ワンサイドゲームは緊張感が減りつまらなくなる。拮抗した試合で、息がつまりそうなほどに、双方のゴール前の恐怖と、歓喜が渦巻く瞬間がたまらないのだ。

そして、決定的なパスや、そのパスを、寸分の狂いもなく蹴れる技術に、私は、鳥肌が立つ。

明日は、日本代表対クロアチア戦が行なわれる。私は、当然勝って欲しいと考えているが、何より、応援している中田選手の冴え渡るプレーが見れれば満足だ。

もちろん、中田選手のパスに反応するFWにも、鳥肌をたててみたいが。それは明日分かる事。

私は、オーストラリアよりは、難しい試合にならないような予感がしている。

勝って欲しい。日本代表のアソシエーション・フットボーラー達!

にほんブログ村 スポーツブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年6月13日 (火)

ワールドカップサッカー日本代表対オーストラリア戦!

昨日の試合、本音を言うと、オーストラリアが強かったと言うより、日本が弱かったのだという感じがする。

前半のラッキーな1点を守ろうと、必死にディフェンシブに戦った日本代表を、私は責める事は出来ない。なぜなら、これが世界と戦うという事だからだ。

現代のサッカーは、恐ろしくロースコアが主流だ。そのため、一点差が、例えば野球で言う100点差をつけて勝っているように感じる時もあれば、逆に一点差で負けていれば、同じようにその差に打ちのめされる。それが現代のサッカーだ。

昨日の日本は後半の最後まで、デフェンシブに戦う事を選択していたようなふしがある。それは、小野を投入した事でも明らかだが、しかし、それは戦っている中での選択なので、コーチも選手も責める事は出来ない。

ただ、私が思うに、ジーコが責められる点があるとすれば、後半、小野を投入した後の、中田のポジショニングだ。

後半の得点シーンまで、中田が指示を出すディフェンスは、日本代表の牙城を崩さず、最終的な決定機をオーストラリアに与えずにいた。

しかし、小野の投入後、中田のポジショニングが上がり目になった。中田は、ドイツ戦のときのように、上がり目の方が日本の決定機を作れるからだ。

残念なことに、昨日の試合では、それが裏目に出た。中田は、ピッチで、定位をみる能力と、体の当りが強い選手で知られているが、上がり目になった事で、守備のバランスが崩れた。

そして、後半、決定的なことに、日本の守備陣営は走る事をやめた。運動量が減ったのだ。マルタ戦後の、中田の言葉がよみがえってくる。

それに加え、オーストリラリアの選手層の厚さは、日本のそれ大きく引き離している。けが人が多いということもあるが、サイドからの折り返しが上手い加地の代わりが、駒野しかいないこの現状は、日本代表にとって厳しいといえる。

今後は、修正点を確認し、早く気持ちを切り替えることが重要だろうが、今日のネットで気持ちを切り替えることは簡単ではない、というようなニュースが流れた。サッカー関係で仕事をしている人の意見なら、この気持ちは確かに理解できる。

しかし、いつも決まってこんな事を言うのは、元選手だったり、元コーチで、ワールドカップすらでた事もない人たちが、分かったようにコメントしたりするのだ。これが私にはとても不思議だ。

日本代表のワールドカップ出場はすでに今回で3度目。そして、そのほとんどが、世界のクラブで何千万という契約をしている選手達ばかりだ。このような局面で、気持ちが切り替えられないのなら、プロのスポーツ選手ではない。

プロならば、負けたことを悔いるよりも先に、残りの2試合を勝つことに全力を尽くすはずだ。日本代表は皆プロサッカー選手だ。当然気持ちを切り替えて勝ちに行く。

まだ2戦ある。あきらめる事などあるわけがない。

日本のワールドカップはまだ終わらない。

にほんブログ村 スポーツブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年6月12日 (月)

ゴルフの宮里選手!

宮里の全米女子プロ3日目の結果は、皆さんが知るところだと思う。

海外に挑戦し、敗北感を持ったであろう昨年。私は、まだ若い選手だと思いながらも、外国人選手に負け続けた悔しさは、彼女の糧になっていたのだと感じた。

すべての競技でいえるのだが、日本での活動だけでは世界との差は見えない。世界との差をかみしめ、悔しい思いをしながらも海外の試合にこだわり、アメリカでクラブを振り続ける宮里は、我々よりも先を見ているのかもしれない。

誰よりも、宮里自身が思っていることだが勝ってほしい。私たちは遠くから見守る事しかできないのだが・・・

今日は、ワールドカップサッカー日本戦!

昨日、メキシコ対イラン戦を見ていて、1-1で迎えた後半、すさまじい集中力で2点を追加したメキシコが勝った。

私は、日本戦を見ているようで怖くなった。

すべては、中田のプレーにかかっている。オーストラリアは強敵だ。

勝って欲しい。日本代表・・・

にほんブログ村 スポーツブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

全仏決勝戦!

ローランギャロスの熱戦は今日幕を下ろした。男子は王者ロジャー・フェデラーを下し、ラファエル・ナダルが2連覇を達成した。

フェデラーは、負けても紳士だったのがとても印象的だった。真のチャンピオンとは、フェデラーのような人だと感じた。

女子は、エナン・アルデンヌが前評判通りの力を見せ、見事優勝した。しかし、あの細い体でなぜあんな強いボールが打てるのか、ずーっと不思議に思いながら見ていた。クズネツォワとは対照的な体だ。

やはり、体をうまく使い、外力を利用する事でパワーに対抗できるのだと思った。

エナンがサーブを打つ時の体の使い方は、例えば野球選手の女子には(最近チームが増えているようです)参考になる気がした。

エナンに限らず、ラケットを持っていない腕の使い方も、強い選手では共通している動作がある。

テニスラケットでボールを打つことと、腕でボールを投げる事は、共通した動作だが、球技の女子選手で、こんな事を考えている人はいるだろうか・・・

サッカーワールドカップがはじまっている。初戦のドイツ戦は、つまらない試合だった。サッカーという球技で、ワンサイドゲームの試合がいかにつまらないかが、ハッキリした試合だった。

今日アジアからは、イランがメキシコと戦う。途中経過は、1-1だ。イランも結構やります。

にほんブログ村 スポーツブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年6月 9日 (金)

ローラン・ギャロス

昨日、フランス、ローランギャロスで行なわれている全仏オープンを見た。対戦は、ドイツ生まれのチェコ人で17歳のVAIDISOVA対ロシアで生まれ、スペインでテニスを教わった20歳のKUZNETSOVAだ。

激しい打ち合いの末、2時間半ほどの熱戦を制したのは、20歳のKUZNETSOVA。

この選手は、父が自転車で世界的に有名な選手。そして、兄も、オリンピックの自転車競技でシルバーメダリスト。母が、自転車のトラック競技で記録保持者という、スポーツ一家で育った。

KUZNETSOVAはインタビューでこんな事を言っていた。『父は、練習に口を出す。試合でもそう。私のプレーに口を出すから、会場に来て欲しくない』 ・・・父は世界中同じだ。

一方、17歳で全仏の準決勝まで進んだ、VAIDISOVAは、シャラポワ2世と言われていて、体格はシャラポワよりも1回り大きいが、顔も、プレースタイルも、身体の使い方までにている。

しかし、あたりまえだが、本人は、2世といわれるのがとても嫌なようだ。

VAIDISOVAは、17歳には見えないフィジカルの強さと、精神的な顔をしていた。そして、血のつながっていない父は、現在VAIDISOVAのコーチ。試合中、いつもコーチを見ては、何か言ったり、アドバイスをもらったりしていた。

テニスはとにかく打ち合いで、この試合も2時間30分続いた。疲労度は類をみない。

17歳で、世界的な大会で勝ち上がるには、14歳くらいからそれを視野に入れてトレーニングしなければならない。25歳でカンバックする選手もいれば、17歳で世界で勝つ選手もいる。

早い段階で勝つ。これはとても重要だ。しかし、年齢に関係なく、選手の持っている力をうまく引き出すこと。これがコーチを含めて、選手自身も、頭に入れてトレーニングする事なのだと思う。

全仏女子決勝戦は、ジュスティーヌ・エナン=アルデンヌ対KUZNETSOVA 見ものです。

にほんブログ村 スポーツブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年6月 7日 (水)

日本代表対マルタ戦!

この試合は見たのだが、コメントするような試合ではない。まず、私は、マルタという国を知らなかった。

国の位置的には、イタリアのすぐ隣の島ということだが、ヨーロッパの選手達なら、サッカーにおける身体能力は、もともとレベルが高いと思う。

国の位置関係においても、サッカーの認知度は高いはずだ。つまり、ヨーロッパの小国であっても、サッカーのレベルは高いと考えられる。

マルタに関する情報が私には少ないのだ。

ただ、日本代表側から見ると、全体的にミスが多く、中田も試合後のインタビューで言っていた通り、運動量は、後半の稲本が入ったあたりから急激に落ちた。

『走らないとサッカーにならない』中田は言い放った。

まだ、日本代表において、本当の歯車はかみ合っていないのかもしれない・・

コミュニケーション不足・・・

ドイツワールドカップ開幕まで、あと3日・・・

にほんブログ村 スポーツブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

村上ファンド・・

最近日本では、サッカーワールドカップ一色という感じで盛り上がっているが、メディアでは新たな話題が浮上した。

そう、村上世彰氏率いる村上ファンドに、東京地検特捜部がインサイダー取引疑惑で、任意の事情聴衆を行なうというニュースだ・・

(インサイダー取引とは・・・会社の内部事情に詳しい者が、一般に知られていない内部情報(インサイダー情報)を利用して会社の株式を売買、不当な利益を上げることをいう)

なるほど・・・結局は、ライブドアと同じ運命なのかと考えていて、阪神電鉄株の事が頭に上った。こんな事になれば、村上ファンドが株主になっている会社は、当然、株価は下がるだろうから、同じように、阪神電鉄の株も一気に下がる。そうなれば、直系の阪神タイガースは・・・

今後の動向が気になるが、現在、村上ファンドは、阪急ホールディングスとのやり取りで、難しい選択を迫られている。

そんな阪神タイガースは、最近球場への入場者数がうなぎのぼりで、球団関係者にしてみれば今回のニュースは、水をさす事になりそうだ・・・

にほんブログ村 スポーツブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年6月 1日 (木)

サッカー日本代表対ドイツ戦!

ワールドカップ本番前の国際親善試合、対ドイツ戦が、昨日、未明に行なわれた(日本時間)

結果から言うと2-2で、相手が優勝候補のドイツだと考えると、金星に近い結果だったのではないだろうか。

昨日の結果で、ドイツのメディアは散々騒いだはずだ。実際、日本が追加点を入れたときの、ドイツ代表監督クリンスマンは、顔を引きつらせていた。

日本のメディアは、引き分けだった事を嘆く記事もあったようだが、ドイツはセットプレーで、日本は、流れの中でのパスから生まれたゴール。これには大きな違いがあるのだ。

後半の最後に、中田からの、ドイツにとっては背筋が凍るようなパスが2回ほどあったことを考えると、日本の出来は素晴らしかったと思う。

昨日の試合、中村俊輔の出来の悪さが気になった。どうも、収まりが悪い。パスカットされることも多い。後方に行き、中田とスイッチしても、当りが弱いから守備が出来ない。ドイツのような、でかい選手達を相手にすると、テキメンに出来が悪くなるような気がするのは、私だけだろうか。しかし、なぜだろう・・

それに、やはり、中田は前目の方がいいような気がする。後半の最後の方でも、決定的なパスが冴えわたっていた。

中田、中澤、高原、大黒は、確実に世界レベルだ。この中で、海外経験が少ないのは、中澤だけだ。ワールドカップで、中澤が目立てばいいのにと思ってしまう・・

にほんブログ村 スポーツブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »