« 2006年6月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年7月15日 (土)

中田の引退について・・

ワールドカップはイタリアの優勝で終り、準優勝のフランスは、ジダン頼みで勝ち上がり、ジダンの頭突きで幕を閉じた。

日本代表は、というかサッカー協会は、ジーコの功績や、監督としての手腕の評価、そして、日本代表の本当の実力を検証するということを怠りながら、もうすでにオシムという監督を迎えようとしている。

ジェフの社長は、川渕氏に対して、遺憾の意を伝えたとメディアでは報道していたが、不思議なのは、オシム監督がいなくなることで、多大な損害がでるのを分かっていながら、なぜ譲歩するのだろうか?

川渕氏は、それほどまでに、日本サッカーの世界で権力があるのだろうか。

当然、オシムもやる気なのだろう。年齢的に、国の代表を指揮するのが、限界に近づいてきている。これがきっと国の代表を率いる最後のキャリアになるはずだ。

オシムの言葉という本を読み、オシムの考えを少し考えてみる・・

さて、中田が、引退を表明して、約10日ほどたっただろうか。私は、喪失感で一杯なのだが、今後、どんな世界で活躍するのかはとても楽しみでもある。

メディアは、過去、中田に対して散々言ったのを、私は覚えている。中田を大事にしなかった結果なのだと思う。

彼は、日本サッカーにおいて至宝だ。

彼の心のバリアを強固にさせたのは、メディアであり、無知なインタビュアーであり、世界の真のスピードを実感できない我々だったのかもしれない。そこにある苛立ちと共に、毎日、中田は一人で立ち向かっていたのだ。

ジダンも、中田も、フィーゴも、そのプレーをもう見れないのだろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

小林尊氏!

今日未明、CNNのヘッドラインをみていたら、こんなニュースが飛び込んできた。

『米独立記念日恒例のホットドッグ早食い競争が4日、ニューヨークのコニーアイランドで開かれ、小林尊さん(28)=長野市出身=が6連覇を達成した』

小林さんは、12分間で自身の持つ53個の記録を塗り替え、53個と4分の3を食べきったということだ。しかし、ライバルも結構やるようで、途中、アメリカ人の大食い選手に負けていたが、ギリギリ、食い返したと言う事。

やはりチャンピオンには意地がある。というより食意地があるといったとこだろうか。

CNNでは、ホットドックのカロリーは、1個309kカロリーで、彼は、ほぼ54個を食べ尽くしたわけだから、計算すると16500kカロリーを12分間で摂取した事になる。

これは、通常大人の男性が1日平均2000kカロリーを摂取する事から考えると、約8日分のカロリー摂取。聞いただけで、気持ちが悪くなると女性キャスターは言っていた・・・

毎回、小林さんについては、このブログでお伝えしていたが6連覇・・・

アメリカニューヨークで、どんなことであろうと勝つことは難しいはず。彼は、もっと有名になってもいいと思うのだが・・・

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年11月 »